近藤真彦「若手を食い物に」自粛で「レース」は | Social Fill
カルチャースポーツ社会

近藤真彦「若手を食い物に」自粛で「レース」はどうなる?

近藤真彦「若手を食い物に」自粛で「レース」はどうなる?
socilafill

 不倫騒動で世間を騒がせているジャニーズの近藤真彦が、無期限の芸能活動自粛を受けたことがわかった。

 ジャニーズ事務所公式サイトでは「この度の件では、家族、関係者の方々、なにより応援してくださっているファンの皆様を裏切ることになり、大変申し訳なく思っております。相手の女性にもご迷惑をお掛け致しました。家族とは、話し合い、謝罪し、理解してもらいました。昨日(16日)、芸能活動を自粛させていただきたい旨を事務所に申し入れました」などと、近藤からのコメントもある。

 ジャニーズ事務所の「長男」として君臨していたマッチ。それだけに「副社長でも後輩の滝沢秀明は処分できるのか」という声もあった。最近はジャニタレの不祥事を厳しく処分することが多いが、近藤だけは「例外では」ともいわれていたが、形としては厳しい処分である。

「形としては」と表現したのは、近藤の芸能活動がそもそも「形骸化」している点にある。

「最近の近藤さんの活動って何か知っていますか、と聞かれると『はて?』となる人も多いでしょう。時折音楽特番に出るくらいで、あとは芸能人らしい活動はしていないといわれています。活動自粛をしても『結局今まで通りでは』という指摘は後を絶ちません。