» 手越祐也の「黒幕」に驚愕…謝罪後「荒野行動」即プレイ暴露で反省ナシ?
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 手越祐也の「黒幕」に驚愕…謝罪後「荒野行動」即プレイ暴露で反省ナシ?

手越祐也の「黒幕」に驚愕…謝罪後「荒野行動」即プレイ暴露で反省ナシ?

手越祐也の「黒幕?」「荒野行動」謝罪後即プレイ暴露の真実は
photoAC

 先日、「週刊文春」(文藝春秋)に、緊急事態宣言中のGWに「女を集めて豪遊」が報じられたNEWS手越祐也

 15日には報道の影響を鑑みたのか、ジャニーズ事務所が謝罪、ならびに新型コロナウイルス蔓延によるチャリティーユニット「twenty★twenty」から手越を外すことを発表している。

 これまでも多くのスキャンダルを起こしてきた手越だが、わかりやすい「制裁」を加えられたのはこれがほぼ初めて。ファンの憤りも相当で「いい加減にしろ」というのが世間の本音であり、ジャニーズ事務所もさすがに看過できなかった様子だ。

 しかし、そんな手越にさらなる疑惑が浮上している。謝罪発表直後、一部ファンの「報告」により、新たな疑惑が浮上したのだ。

『荒野行動』で即手越発見?

「謝罪発表時に、手越さんがオンラインゲーム『荒野行動』をプレイしていた、という情報が出回っています。これだけ見ると、謝罪は事務所に任せて本人はルンルンとゲームを、という風にも見えてしまいます。

ただ、本当に手越さんなのかは謎で、その証拠はないのが実状です。一方でこれまでの手越さんの素行から『あいつならやりかねない』という見方があるのも事実です。

手越さんは昨年から『荒野行動』にドはまりしているという情報もありましたし、情報にも妙に信ぴょう性が出てしまっています。手越さんだという『裏とり』ができてしまうと、さらにやばい状況になりそうです……」(芸能記者)

 他のジャニーズタレントが不祥事で続々制裁を受ける中、これまで一度として大きな動きに発展したことがない手越。どんな「黒幕」がいるのか、という話まで出ていた。しかし、その「不敗神話」もそろそろ厳しいのか。

 ただ、ある意味「遊んでなんぼ」というキャラクターで市民権を得ていたのも手越である。ファンの中には、この状況でも擁護派がいるのは事実だ。