» 高杉真宙退所「圧力」のウワサも…のんと同じに?
Uncategorizedカルチャースポーツ社会

高杉真宙退所「圧力」のウワサも…のんと同じに?

高杉真宙退所「圧力」のウワサも…のんと同じに?
socialfill

 演技派俳優で人気を博している高杉真宙が2021年4月11日をもって所属事務所「スウィートパワー」を退所することが発表された。その退所理由をめぐって、様々な報道が話題を呼んでいる。

 11月16日の「女性自身Web」(光文社)の記事に登場するNHK関係者は、「来春放送の朝ドラ『おかえりモネ』(NHK)の主要キャストとして出演が決まっていたが、本人の意向で降板した」と語った。

 さらにテレビ関係者によると「アイドル的な役者とはちがう。役者の道を極めたい」と高杉が漏らしていたという。また「同い年の横浜流星さんや事務所の後輩・岡田健史さんといった、同世代へのライバル心も今回の決断の要因では」と制作関係者が明かした。

 退所の理由は、イケメン俳優ではなく、本格派へのこだわりという事務所との方向性の違いか、あるいは他の理由があるのか……。中には、事務所の圧力により朝ドラを降板したのではないかという見方もある。

 ネットでは「普通独立する前にNHKのオファーを断るかな」「ドラマの降板は、事務所退所のペナルティでは?」といった、ドラマ降板に疑問を持つ声が多かった。ましてや「この記事自体が、事務所の画策ではないか」という事務所に不信感を持つコメントも寄せられている。退所を許してもらう条件としてドラマを降板したのであれば、事務所との間にはよっぽどの溝があったのだろう。

もし “喧嘩別れ”ならば、高杉の退所後は、同事務所に所属するタレントや俳優とは共演NGになることも考えられる。この業界で活躍し続けられるかすら怪しいだろう。