» 山下智久「手越未満」身勝手退所は反省ゼロ証明?
カルチャースポーツ社会

山下智久「手越未満」身勝手退所は反省ゼロ証明?

山下智久「手越未満」身勝手退所は反省ゼロ証明?
socialfill

 ジャニーズ事務所が俳優の山下智久さんが10月いっぱいで退所したことを発表した。

 未成年女性との飲酒および淫行疑惑を受け活動自粛の最中に、「本格的に活動の拠点を海外に移したい意向であること、また現在オファーがある海外作品に参加するため」という理由での退所を許可したわけだが……。

「ジャニーズ事務所と山下さんの間でどのような話し合いがあって退所に至ったのか、当事者にしか分からない事情があるとは思いますが、『自粛という名の“謹慎”中だったわけで、その処分が終わらないうちに退所した山Pは完全に卑怯者だし、それを許可したジャニーズ事務所も考え方が甘いと思う』『事務所を辞めたら、いきなり自由に芸能活動できるって、いくら活動の場を海外に移すからって、筋が通らなくないですか』『相手の女の子は芸能活動を辞めざるを得ない状況になったのに、謝罪会見などもせずに逃げた山下はダサすぎる』と批判的な声が多数出てしまっている状況です。

 また、山下さんと同様に活動自粛⇒退所という経緯をたどった元ジャニーズの手越祐也さんと比較して『手越くんの場合は、コロナ禍の最中での会食で謹慎だったけど、山Pの場合は限りなく黒に近いグレー。一般社会だったら、淫行疑いなんてなったら、職も社会的信用も失う。それなのに釈明や謝罪の会見などもしないで退所だなんて、手越くんよりはるかにひどい!!』と指摘する声もあります。