» 嵐ラストライブも山Pも「文春が最初」にファン不満…ファンクラブの意味は
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 嵐ラストライブも山Pも「文春が最初」にファン不満…ファンクラブの意味は

嵐ラストライブも山Pも「文春が最初」にファン不満…ファンクラブの意味は

嵐ラストライブも山Pも「文春が最初」にファン不満…ファンクラブの意味は
socialifill

 10日、山下智久のジャニーズ事務所退所が報じられた。

 最初に報じたのは「週刊文春」(文藝春秋)。さすがのスピードというべきか、山下が「山下は契約が更新される今年12月での退所を希望したが、事務所は来年3月までの契約延期を提案。一度は、3月の退所で双方は合意」など細かい情報も出している。

 さらに11日には、年内いっぱいで活動を休止するが、大晦日に東京ドームで“ラストライブ”を行なうことが、同じく「文春」で報じられた。

 嵐は『NHK紅白歌合戦』ではなく単独ライブを選択し、現在もNHKとの話し合いが続いているという。中継出演になるのかどうなのか……。

 今年の『紅白』は大泉洋が白組司会と、嵐メンバーが司会ではなかったことも話題だったが、裏に単独ライブがあったということだ。

『文春』が最速で報じ、その後正式な報道がある

 内容は納得であるが、世間が気にしているのは「なぜ毎回文春なのか」という点だ。

「生田斗真さんの結婚、長瀬智也さんの退所、山下さんの退所、そして嵐のラストライブと、すべて『文春』が最速で報じ、その後正式な報道があるという流れです。

さすがの情報力ですが、毎度最速ということで『なんでいつも文春が一番早いのか』『ジャニーズ事務所のスタッフの中にリークする人がいるんじゃないの』『なんでこういうことを文春から知らなきゃならないんだろう』と不満も多く聞こえてきます。