» 伊藤健太郎「フジテレビ見抜いた?」人身事故の気配
Uncategorizedカルチャースポーツ社会

伊藤健太郎「フジテレビ見抜いた?」人身事故の気配

伊藤健太郎「フジテレビ見抜いた?」人身事故の気配
socialfill

 10月28日にひき逃げ事件を起こした俳優の伊藤健太郎さん。

 4月にも物損事故を起こしていたことは、今回のひき逃げ事件をきっかけに明るみに出たわけだが、これに先だって「人身事故を起こす役柄」を1度ならず2度も、しかも立て続けに演じていたのは単なる奇遇だろうか……。

 「まず、9月21日に放送された連続ドラマ『SUITS/スーツ2』(フジテレビ系)では、現実と全く同じ“ひき逃げ犯”を演じていましたね。

 それから1ヶ月あまりで現実に“ひき逃げ犯”となったことで『どれだけシンクロしてんの。ただし、役が抜けきってなかったなんて言い訳は通用しねぇよ』など、事件直後には驚きをもって不思議なリンクを指摘する声がありました。

 また、10日に発売された『女性自身』(光文社)が報じた内容によると、21年新春に放送予定のドラマ『教場2(仮タイトル)』(フジテレビ系)では、伊藤さんの演じる役がライバルを蹴落とすために車ではねるというシーンがあり、すでに撮影済みだったようです。

 現実の事件を彷彿とさせすぎるということで、このシーンはもちろんカットとなり、伊藤さんの出演自体も事件の影響でなくなったようですがね。

 ドラマの公開ベースで言えば、ほんの半年のスパンで2度も人身事故を起こす役を演じるということは極めて稀だと思います。