» 二階堂ふみ「紅白生歌披露」説…“エール”押し企画で
カルチャースポーツ社会

二階堂ふみ「紅白生歌披露」説…“エール”押し企画で

二階堂ふみ「生歌披露」説…“エール”押し企画で
socialfill

 女優・二階堂ふみが『第71回NHK紅白歌合戦』(NHK)で生歌を披露するかもしれないと11月10日発売の「女性自身」(光文社)が報じた。今年は司会が嵐ではないことが話題を呼んでいたが、二階堂の生歌を期待する声が上がっている。

「女性自身」(光文社)に登場するNHK関係者は、「局側としては、やはり女優業一筋だった二階堂さんに“歌手”として歌ってもらいたい」という要望があると語った。また、「初司会ということもありますから、二階堂さん側と相談しながら決めていくことになるでしょう」と、司会と“歌手”としてのバランスを考えながら演出内容を進めていくという。

 活動休止を目前に、司会は嵐が務めると予想されていた今年の『紅白歌合戦』。一部では、司会から特別コーナー、そして大トリまで“嵐祭り”になることがウワサされていたが、「パフォーマンスに集中したい」という理由で司会を降板したことが各メディアで報じられた。

 打って変わって今年の『紅白歌合戦』のテーマは「今こそ歌おうみんなでエール」。NHK連続テレビ小説『エール』でヒロインを演じた二階堂を司会に抜擢し、“嵐祭り”に代わって『エール』コーナーを目玉企画にしようとしているのでは?という見方もある。