» 三浦春馬を「悪用記事に批判」Night Diverプラチナ認定より気になる「自殺ネタ」
Uncategorizedカルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 三浦春馬を「悪用記事に批判」Night Diverプラチナ認定より気になる「自殺ネタ」

三浦春馬を「悪用記事に批判」Night Diverプラチナ認定より気になる「自殺ネタ」

三浦春馬を「悪用記事に批判」Night Diverプラチナ認定より気になる「自殺ネタ」
socialfill

 俳優・三浦春馬さんの2ndシングル「Night Diver」が、一般社団法人 日本レコード協会の「プラチナディスク認定」を受けた。

 ファンの間では以前から「Night Diverはプラチナではないのか」という声が相次いでいたが、この度無事に認定されることとなった。

 ファンからは「朝から嬉しいニュースですね」「嬉しいよ!春馬くん見てる?」「#NightDiver がTwitterの日本のトレンドに!」と歓喜の声が多数だ。

 亡くなってすでに3カ月以上が経過しているが、今なお三浦さんを悼む声は後を絶たない状況だ。所属事務所アミューズへの疑念や死に際しての疑惑がまん延しているのも、ファンの悲しみによるものといえるかもしれない。

三浦さんを「利用」するかのような記事

 あまりにも唐突な出来事にさまざまな動きや疑問が出ているが、三浦さんを「利用」するかのような記事への批判もある。

「『デイリー新潮』(新潮社)が、『「2日に1食」「トイレは近くの公園で」 コロナ禍でシングルマザー、女子高生の命が危ない』という記事を大手ポータルサイトなどに配信しているのですが、写真が三浦さんを使っています。