» 広瀬すず「伊藤健太郎も完全スルー」主演続き一人勝ち状態
Uncategorizedカルチャースポーツ社会

広瀬すず「伊藤健太郎も完全スルー」主演続き一人勝ち状態

広瀬すず「伊藤健太郎も完全スルー」主演続き一人勝ち状態
socialfill

 女優・広瀬すずが、2021年春から放送予定の『エアガール』(テレビ朝日系)に続き、またもドラマ主演に大抜擢された。

 2021年2月に放送が決まった『ドラマWスペシャル あんのリリック‐桜木杏、俳句はじめてみました‐』(WOWOWプライム)の主演を務めることが発表され、期待の声が上がっている。

『あんのリリック』で広瀬が演じるのは、芸術大学の学生・杏。人との関わりが苦手で、下宿の部屋でラップのリリック(歌詞)を考えることに至福を感じる。

 そんな杏の才能に気づいた昴に声を掛けられ、ラップと共通点のある俳句に興味を持ち、新しい自分を発見する物語だ。広瀬は「俳句、ラップと遠いようで近い新しい世界をまず自分に馴染ませながら、言葉を大事に、チーム一丸となって、優しい、愛らしい作品になるよう、私自身も楽しみながら参加したいと思います」とコメントしている。

 広瀬のドラマ出演に、ネットでは「変わった役だけど、すずちゃんなら安心して見れる」「どんな演技をするのだろう、楽しみだ」「WOWOWに加入しなきゃ」などの声が寄せられた。これまでシリアスな役から恋するヒロインまで、様々な役を好演してきた広瀬。

 最近では、映画『一度死んでみた』でデスメタルバンドのボーカルを務めるなど、カメレオン女優としての地位を確立している。同世代の女優の中では抜きんでた存在で、若手女優から大女優と言われる日も近いだろう。「ポスト広瀬すず」なんて言葉もあるほど、ブレイク目前の若手女優にとっても憧れの的のようだ。