» 三浦春馬『カネ恋シナリオ』本当の衝撃結末といじめ疑惑再燃…憶測収束は
Uncategorizedカルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 三浦春馬『カネ恋シナリオ』本当の衝撃結末といじめ疑惑再燃…憶測収束は

三浦春馬『カネ恋シナリオ』本当の衝撃結末といじめ疑惑再燃…憶測収束は

三浦春馬『カネ恋シナリオ』本当の衝撃結末といじめ疑惑再燃…憶測収束は
socialfill

 7月にこの世を去った俳優の三浦春馬さんに関し、新たな「火種」が浮上してしまっている。

 8日「文春オンライン」(文藝春秋)が「三浦春馬さん最後の出演ドラマ『カネ恋』シナリオブックで明かされた“本当の結末”と“4話完結の秘密”」という記事を掲載した。三浦さんの死去によって「4話短縮」となった『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)のシナリオブックの内容をかいつまんで公開した。

 唐突な悲劇によって、予定されていた1クールでの放送が不可能になってしまった『カネ恋』。三浦さんが最後に撮影していたドラマということで、大きな反響があったわけだが……。

憶測や疑惑が再燃

 今回の「文春」記事で、改めて憶測や疑惑が再燃してしまっている。

「同ドラマの演出には常々疑惑があり、三浦さんを『いじめているのでは』という声もありました。演出家のインスタグラムに中傷をする記事も見受けられましたね。さすがにやりすぎですが……。

『文春』の記事が『カネ恋』を賛美する内容だっただけに『あんなドラマをなんでほめるのか』『演出がひどすぎ』など、改めて疑惑を提供する内容になってしまっていたようですね。