» 木村拓哉「紅白ソロ出場」報道に批判…NHK忖度の行方
カルチャースポーツ社会

木村拓哉「紅白ソロ出場」報道に批判…NHK忖度の行方

木村拓哉「紅白ソロ出場」報道に批判…NHK忖度の行方
socialfill

 早々と2020年も終わりが近づいてきたが、毎年恒例で注目されているのが『NHK紅白歌合戦』だ。

 NHKは大泉洋と二階堂ふみを紅白司会に抜擢し、ここ数年の「嵐司会」の流れを止めたことで話題に。おおむねこの人選は好評。史上初の“無観客”も決まっている。

 新型コロナウィルスが世界的問題となった特別な1年。それだけに『紅白』への注目度も例年とは異なるのかもしれない。大ブームとなった『鬼滅の刃』をはじめ、今年を彩ったコンテンツが多数出ると思われるが……。

「出場可能性の人物」に、疑問が

「東京スポーツ」が報じた一部「出場可能性の人物」に、疑問が投げかけられている。

「1月にソロデビューしていた木村拓哉さんの出場があるのではないか、といわれています。

ですが『何故キムタクが出場なんですか? 曲一度も聞いた事ない!』『木村拓哉の紅白出場は不要だと思います。歌手ではなく俳優』『キムタクが出場するのは嫌だなぁ』など、拒否反応が多数です。確かに曲はほとんど聞いたことがないですよね……。