» 水川あさみ「三浦春馬ら想起」心折れる発言の裏…ソーシャルディスタンスには否定も
Uncategorizedカルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 水川あさみ「三浦春馬ら想起」心折れる発言の裏…ソーシャルディスタンスには否定も

水川あさみ「三浦春馬ら想起」心折れる発言の裏…ソーシャルディスタンスには否定も

水川あさみ「三浦春馬ら想起」心折れる発言の裏…ソーシャルディスタンスには否定も
socialfill

 女優の水川あさみの発言に、心配の声が続出している。

 水川は3日、都内で開催中の『第33回東京国際映画祭』(TIFF)内で行われた映画『滑走路』(20日公開)の舞台あいさつに登壇した。

 水川は「もしこのまま、この世の中がこの距離感を保ったまますべての物ごとが続いていくと、とても心が折れそうになる瞬間がある。表現する仕事をする上で、ソーシャル(ディスタンス)をとることが当たり前になることを受け入れる怖さだったりを考えると、いまだに怖いと思いながら生きています」とした。

「今のほうが楽しいんだけど」というような声

 この発言に「精神大丈夫なのかな」「素敵な旦那さんがいて、仕事が順調でも本当のところはわからないんだな」という意見もある。昨年俳優の窪田正孝と結婚し、幸せそうというのは多くの人の意見だろう。

 ただ、大手ポータルサイトのコメント欄は「余計な人間関係なくて今のほうがいい」「ソーシャルディスタンスが続いてほしい」「今のほうが楽しいんだけど」というような声が多数だ。

 表現する仕事、芸能人と一般人の考えの違いというべきなのかどうなのか。