» 嵐のためならコロナ無視? NHK『紅白観客あり』報道が波紋
Uncategorizedカルチャースポーツ社会

嵐のためならコロナ無視? NHK『紅白観客あり』報道が波紋

嵐のためならコロナ無視? NHK『紅白観客あり』報道が波紋
socialfill

 発表を覆すようならファーストと言われても仕方がない。

  今年9月、定例会見の中で前田晃伸会長が発表した、NHK紅白歌合戦の無観客開催。 新型コロナウイルスの感染拡大防止を最優先にしたい。というNHKとしては苦渋の決断だったのだろうが、コロナ禍の視聴者からは一定の理解を得られる内容だった。 

 しかし日刊スポーツが、「観客を入れての開催を含めて準備を進めている」とした報道を行ったことで世間からは批判続出。 

「リスクを背負ってまで開催する意味が分からない」「紅白歌合戦は嵐のためにあるのではない」「嵐のためだけに、観客を入れるのは不適切だ」とコロナ禍の対応として不適切ではないかという意見以上に、有観客開催は暗に嵐ファーストによるものと判断し批判する声が溢れている。 

 観光事業や、スポーツ界の制限緩和もあり、NHKでも10月からNHKホールで生放送の歌番組に観客を入れて開催するなど、有観客への道のりを歩んでいる最中ではあった。