伊藤健太郎のせいで「栃木県警」大チョンボ | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 伊藤健太郎のせいで「栃木県警」大チョンボ… ヤンキー映画で募集を…

伊藤健太郎のせいで「栃木県警」大チョンボ… ヤンキー映画で募集を…

伊藤健太郎のせいで「栃木県警」大チョンボ… ヤンキー映画で募集を…
socialfill

 思わぬ所で栃木県警の本質を疑われる結果となった。

 ひき逃げなどの疑いで警視庁に逮捕された人気俳優の伊藤健太郎容疑者(23)。

 事故当時の状況や、本人が「パニックになった」とひき逃げに至った経緯など、各メディアが取り上げる中、取締る側の警察にも疑問の声が出た。

 今、ネット上で注目を集めているのは、29日に栃木県警が撤去したという、伊藤容疑者が掲載されていた警察官募集のポスター。

 事件を起こしてしまうような俳優を選んでしまったと言うのは、事前の素行調査不足とも言えるが、ひき逃げ事件を起こしてしまったからには撤去せざるをえず、「逮捕された人物が載っていることは望ましくない」と対応としては普通の対応にも思えるのだが、それだけでは済まなかった。

 今回撤去されたのは伊藤健太郎の代表作とも言える「今日から俺は!!劇場版」とのコラボポスターだったことで「そもそもヤンキー作品を扱うなんて」「警察のポスターとして不適切」「栃木県警のセンスを疑う」「税金の無駄使い」などネット上では批判が殺到。