» 有村架純「ジャニーズNG解禁」岡本圭人を想起…高橋海人と
カルチャースポーツ社会

有村架純「ジャニーズNG解禁」岡本圭人を想起…高橋海人と

有村架純「ジャニーズNG解禁」岡本圭人を想起…高橋海人と
socialfill

 女優の有村架純が27日、『姉ちゃんの恋人』(フジテレビ系)で2年ぶりに地上波連続ドラマに出演した。

 同ドラマで有村は、ホームセンターで働きながら弟3人を養う主人公の“肝っ玉姉ちゃん”桃子を演じている。27歳で両親も彼氏もいない桃子が、職場で恋に落ちるというラブコメディだ。

 27日放送の初回視聴率は9.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、好スタートとは言えない状態であった。久しぶりのドラマ出演に期待値が上がりすぎていた様子だ。視聴者からは「肝っ玉姉ちゃんぶりが空回り」「2話に期待します」と残念がるファンのコメントが多数寄せられている。

 今後のストーリーに期待が集まる中、キャストについても視聴者がザワついている。

岡本圭人との熱愛も

 2013年にジャニーズアイドルのHey! Say! JUMPの岡本圭人との熱愛を『FRIDAY』(講談社)で報じられた有村。それ以来、ジャニーズ事務所との共演はほぼNG状態だった。しかし今回、有村演じる桃子の弟・和輝役としてKing & Princeの高橋海人が出演。約5年ぶりとなるジャニーズとの共演を果たした。共演NGが解禁になり、これからもジャニーズとの共演が増えるだろう。岡本のほかに、新たなジャニーズタレントとの関係もウワサされそうな予感だ。

 熱愛が報じられた岡本は2018年9月から芸能活動を休止し、アメリカに留学。現地でもレベルの高い授業が受けられるという演劇学校に通い、ストレートで卒業している。岡本の知人によると、しばらくはアメリカに残る予定だという。

 2018年に放送された中学校の教師と生徒の恋愛を描いた『中学聖日記』(TBS系)で、婚約者がいながらも生徒に惹かれていく教師を熱演していた。これまでの清純派イメージを一新した有村に、驚きを隠せないファンが続出。