竹花貴騎「東村山に1億円寄付」と「石破茂と対談」経歴詐称問題 | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 竹花貴騎「東村山に1億円寄付」と「石破茂と対談」経歴詐称問題の余波

竹花貴騎「東村山に1億円寄付」と「石破茂と対談」経歴詐称問題の余波

竹花貴騎「東村山に1億円」と「石破茂と対談」経歴詐称問題の余波
socialfill

 経歴詐称を指摘され、ネット上で話題になっている実業家の竹花貴騎氏。

 自身を「Google出身者」とし、AIを活用したビジネスを展開する会社やオンラインスクール「MUP」を運営。YouTubeチャンネルの登録者数は40万人以上と、注目度は高い人物だった。若干28歳で海外に多数の不動産を所有しているという話もあったが……。

 すでにジャーナリストの山本一郎氏やイケダハヤト氏らがその実態に関して言及をしており、SNS上でも多数の「ウソ発言疑惑」が指摘されている。竹花氏のこれまでの実績も多分に「粉飾」されたものではないか、というものだ。青汁王子こと三崎優太氏もTwitterで「海外のボランティアだんたの拾い画を載せるお粗末な内容、海外拠点の事務所も合成画像 人の善意を利用して金稼ぎ。こんなの経歴詐称の次元じゃない。ここまでくると詐欺の域。」と糾弾している。

 すでに竹花氏は経歴に関する釈明動画も出しているが、疑惑は拡大気味である。

 こうなると、竹花氏とこれまでかかわってきた有名人にも影響は大きくなりそうだ。MUPに入っていたサッカーの小林祐希選手などもその典型だが……。

 実際のところ、もっと大変そうなのが「地方自治体」と「政治家」だ。