» デヴィ夫人「テレビから消える」不妊=堕胎発言で老害地に堕ちる
カルチャースポーツ社会

デヴィ夫人「テレビから消える」不妊=堕胎発言で老害地に堕ちる

デヴィ夫人「テレビ追放へ」不妊=堕胎発言で老害地に堕ちる
socialfill

 デヴィ夫人ことタレントのデヴィ・スカルノが、24日の『胸いっぱいサミット!』(関西テレビ)で菅義偉首相が掲げる不妊治療の保険適用拡大に対し賛成ではあるが「それよりも前に、日本の女性たちに、掻爬(そうは)をさせないことが一番よい。不妊になる一番の理由は、妊娠して子供を産みたくないって言って、掻爬のことなんて言う?」と発言。

 掻爬は堕胎の一つだが「あれを絶対に禁じりゃいいんですよ。皆さん知らないけれど、不妊になるのはあの堕胎が原因です」と続けて断言。

「事実とは異ならないです」と反論

 この発言に世間からは「事実ではない」と批判が殺到。デヴィ夫人がその後番組を遮って「数字に誤りがあったようなので、こちらで謝らせていただきます。失礼いたしました」と言い、番組アナウンサーが「先ほど不妊治療の保険適応拡大の話題について、事実と異なる発言がございました。不快に思わせた方々にお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした」と謝罪。

するとデヴィ夫人は「事実とは異ならないです」と反論した。その上で「数字が違っていたかもしれません。それは謝らせていただきます」とした。

 世間のバッシングはすさまじく「不妊の人を侮辱している」「名誉棄損だよこれ」「堕胎していないのに不倫の人が聞いたらどう思うのか」とバッシングが降り注いでいる。