» 「恋あた」森七菜を射止めるのは中村倫也ではなく仲野太賀?な理由
Uncategorizedカルチャースポーツ社会

「恋あた」森七菜を射止めるのは中村倫也ではなく仲野太賀?な理由

「恋あた」森七菜を射止めるのは中村倫也ではなく仲野大賀?な理由
socialfill

 27日に第2話が放送される、連続テレビドラマ『この恋あたためますか』(TBS系)。

 これがテレビドラマ初主演となる森七菜さんが、元地下アイドルで現在はコンビニアルバイトの井上樹木(いのうえきき)を、井上が働くコンビニチェーンの社長・浅羽拓実(あさばたくみ)を中村倫也が演じている。

 コンビニスイーツを巡って、井上と浅羽が恋を育んでいくのではないかと思われるのだが……。

 「第1話では、仲野太賀さん演じる新谷誠(しんたにまこと、コンビニチェーンのスイーツ製造部門の担当者)に対して『やばい、太賀くんめちゃめちゃかっこいい』『中村倫也目当てで見てたけど、仲野太賀にしびれちゃった』との声が多数上がっています。

 森さん演じる井上は、かつて王道アイドルを目指す地下アイドルでしたが、若手の突き上げを受け、泣く泣く卒業。そして、井上の卒業後にその地下アイドルグループは王道アイドルへと昇華するという、井上にとっては悔しい過去がありました。

『私も太賀くんに再起動してほしい』

 井上と新谷はともに、浅羽が社長を務めるコンビニチェーンが、社運を賭ける新作スイーツの製造に携わることになります。

 ある日、井上が『どうせ私なんかが頑張ったって無駄でしょ?っていう気持ちがどっかにあるの。そういうスイッチが、ある日を境にできちゃったんだよね』と新谷に告げると、新谷は突然井上に近づいてきて壁ドン。さらには、井上の背後にある電気のスイッチを消し、少し間をおいてスイッチを入れ直す。

 何事か?と井上も視聴者も思ったタイミングで、新谷が『再起動。その“どうせ私なんか”スイッチが入ったらまた言って。また俺が再起動してあげるから』と言いました。

 キスをするでもハグをするでもなく、紳士的な対応で見事に井上の心のもやもやを解消してあげたこのシーンに『私も太賀くんに再起動してほしい』『コミカルな役のイメージが強かった分、仲野太賀のイケメンっぷりに完落ちしちゃいました』など、絶賛の声がSNS上に溢れていましたね。