「へずまりゅうが生きてなんで三浦春馬が…」過激否定発言 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

「へずまりゅうが生きてなんで三浦春馬が…」過激否定発言も横行

「へずまりゅうが生きてなんで三浦春馬が…」過激否定発言も横行
socialfill

 動画の撮影・投稿を巡る事件で起訴された迷惑ユーチューバーの〝へずまりゅう〟こと原田将大被告が保釈されたが……。

 原田被告は22日にTwitterを更新し、「今は身体を治したいし一日でも早く社会貢献したい」と綴っている。今年5月、愛知県岡崎市のスーパーで会計前の魚の切り身を食べ、後に逮捕された。

 他にも経営者に罵声を浴びせ業務を妨害したなどで威力業務妨害と信用毀損で大阪府警に逮捕、送検されている。

過激な全否定も横行

 いかにも反省、という態度を見せている原田被告だが、世間は許す気は一切なさそうだ。

「『何をどう言っても信じられない。人間は直ぐには変われない事は皆わかっています』『単なる情状狙いのパフォーマンスだろ』『反省してるなら大人しく一般社会に戻れよ』『リアルな火事の野次馬はタダだが、YouTubeの野次馬は広告が入って金になる』『善悪が曖昧な人は、今反省しても同じことを繰り返す』など、厳しい意見が相次いでいますね。

もともと原田被告は世間どころかYouTuberの間でも危険人物として扱われているほどす。そうそう信頼はされないでしょう。