三浦春馬「搬送病院で傷が」陰謀問題よりも… | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 三浦春馬「搬送病院で傷が」ウワサまで…陰謀論問題に「そこじゃない」?

三浦春馬「搬送病院で傷が」ウワサまで…陰謀論問題に「そこじゃない」?

三浦春馬「搬送病院での姿」まで…陰謀論問題に「そこじゃない」?
socialfill

 3カ月ほど前に亡くなった俳優の三浦春馬さん。

 最近は、一部ファンやある種の愉快犯による「陰謀説」「他殺説」も数多く語られ、それが拡大。警視庁に再捜査を求める署名や、大手週刊誌がこの件に触れるなど、影響は決して小さくない。

 もちろん「陰謀説」は荒唐無稽なものがほとんどで、CIAやイルミナティなどの話まで“物語”が飛躍。故人の名誉を傷つける可能性もあるような内容といえる。アミューズが、先日「過剰な憶測やデマ」に対処すること、それを目的としたアカウントを作ったんも当然といえるかもしれない。

 一方で、三浦さんの件に関する「陰謀論」を信じている人はほとんどいない、という声もある。

『疑問を持っているのはそこではない』

「こうした陰謀論が問題なのは間違いありません。ですが、それはあくまでも一部の愉快犯。ファンとしては『疑問を持っているのはそこではない』という声もあります。

気になるのは、三浦さんの自死の裏に『過剰労働』があったのでは、という点や、死去当日の事務所の対応への矛盾、三浦さんへの“冷たさ”など、具体的な説明がないことによるもの……という意見です。

一連の出来事で、本人の問題や家族などの責任を追及する記事はあっても、アミューズを糾弾するような記事がほぼない点も、こうした声に拍車をかけている印象です。