» 土屋太鳳「姉病んでる」も擁護少なめ…炎伽の“出来レース”説
Uncategorizedカルチャースポーツ社会

土屋太鳳「姉病んでる」も擁護少なめ…炎伽の“出来レース”説

土屋太鳳「姉病んでる」も擁護少なめ…炎伽の“出来レース”説
socialfill

 10月22日に発売された「女性自身」(光文社)が「土屋太鳳 姉・炎伽の相談に涙…“妹の七光り”中傷受け苦悩」と題した記事を掲載した。

 同誌によると、女優の土屋太鳳は、女優で姉の土屋炎伽から悩み相談を受けているという。しかし、炎伽の相談内容に、ネットでは厳しい意見も寄せられている。

 同誌に登場する芸能関係者は「炎伽さんがいちばん傷ついているのは、“妹の七光り”という中傷です」と語った。続けて「もちろん自分自身も傷つくわけですが、『妹の太鳳にも迷惑をかけてしまって申し訳ない』という気持ちになるようです。

 そんなお姉さんの心情にふれるたびに、太鳳ちゃんは泣いてしまうのだとか……」と、炎伽の悩みを聞いた太鳳も悲しんでいるという。

 この記事に対し、ネットでは様々なコメントが寄せられている。

 中には「あの、出来レースは余りにも印象が良くなかったですね」「ミスジャパンで有名になったんじゃなく、ただ単に芸能人になったのならまだ良かったんじゃないですかね」「ミスジャパンのグランプリなんて、マイナスとも言える箔を付けてデビューしたのが大失敗」と、2019年に開催された『ミスジャパン』への出場が問題だと指摘するコメントも上がっている。