三浦春馬「満足度首位」カネ恋に疑問? | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「満足度首位」カネ恋に疑問? 「最悪演出」説で…

三浦春馬「満足度首位」カネ恋に疑問? 「最悪演出」説で…
socialfill

 先日亡くなった俳優の三浦春馬さんが出演していた『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)が、最新満足度調査ランキング(10月6日~12日放送を対象)で首位を獲得したと「オリコン」が発表した。

 同ドラマは三浦さんが死の直前まで撮影に臨んでいた作品で「遺作」という扱いだ。4話ではほとんど出番はなかったが、SNSの反響なども大きく、三浦さんの最後の演技ということもあって、満足度首位を獲得したようだ。

 ただ、世間からは疑問の声が殺到している。

『演出がひどすぎたのに首位なの?』

「ファンからは『春馬君の演技は素晴らしかった』『春馬君の最後の作品だからいろいろと思うことはあるよね』などの意見はあるものの、『ドラマは満足というより違和感』『演出がひどすぎたのに首位なの?』『春馬君の演技だけで首位ってことだよね』『演出は最低でした』『幸せな満足 という評価ではない』など、ドラマそのものへの評価は辛辣な声が多いです。

同ドラマは放送中から『反日演出が多い』といった声や『shineポスター』など三浦さんに対する『嫌がらせ疑惑』も浮上しました。