嵐二宮和也「ダサすぎ」伊藤綾子言いなり生活 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

嵐二宮和也「ダサすぎ」伊藤綾子言いなり生活にガックリ?

嵐二宮和也「ダサすぎ」伊藤綾子言いなり生活にガックリ?
socialfill

 二宮和也と元フリーアナウンサーの伊藤綾子さん夫婦に、早くも上下関係ができているようだ。

 22日発売の「週刊文春」(文藝春秋)に、「文春を握りしめ二宮を走らす女子アナ妻」と題した記事が掲載された。同誌記者が取材した芸能関係者によると、伊藤さんは夫婦の記事が掲載されるたびに、二宮に、「週刊文春」の文句を事務所に言うよう伝えているという。

 妻を思っての行動だったのだろうが、すっかり尻に敷かれている二宮。同誌を読んだファンからはSNSに「アイドルのキラキラが皆無」「ダサすぎて悲しい」と、二宮の行動を残念に思う声が殺到している。

家族をテーマにした映画『浅田家!』で主演

 二宮は2日から公開中の家族をテーマにした映画『浅田家!』で主演を務めている。原案は写真家の浅田政志さんが出版した写真集だ。自分の家族を被写体にして家族でやってみたいテーマのシチュエーションで撮影するというハートフルな作品に仕上がっている。二宮は実際に浅田さんの自宅に訪問。食事を共にしたと「週刊女性」(主婦と生活社)が報じた。

 同誌によると二宮は撮影現場でも父親の一面を見せたそうだ。浅田さんによると、自身の息子さんに「世界でいちばん誰が好きなの?」と聞くと「二宮さん!」と答えたほど距離が縮まったようだ。「集合写真を撮るときは、二宮さんが僕の息子をひざの上に乗せてくれて、可愛がってもらいました」という浅田さん。二宮も浅田さんの家族を見て、自身の理想の家庭をイメージしていたのかもしれない。