森七菜「恋あたピンチ」佐藤健、新垣結衣に及ばず | Social Fill
カルチャースポーツ社会

森七菜「恋あたピンチ」佐藤健、新垣結衣に遠く及ばず

森七菜「恋あたピンチ」佐藤健、新垣結衣に遠く及ばず
socialfill

 20日から放送を開始した、女優・森七菜さん主演の連続テレビドラマ『この恋あたためますか』(TBS系)の初回視聴率が9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが21日分かった。

 同枠では直近に、18日で急逝から3ヶ月となった三浦春馬さんがメインキャストを務めた『おカネの切れ目が恋のはじまり』が放送されており、その後継番組としても大きな注目を集めている。

 『恋あた』は初回から、昨今の高視聴率ボーダーと言える【10%】に乗せることができなかったが、テレビドラマでは初主演となる森さんらフレッシュなメンバー構成での数字としては及第点と言えるだろう。

 つい先日には『半沢直樹』(TBS系)が最終回で32.7%というとてつもない金字塔を打ち立てたものの、これは日曜夜という多くの視聴者が家にいるタイミングでのドラマならではのもの。

 『恋あた』が放送されている「火曜22時のTBSドラマ枠」においては、新垣結衣さんと星野源さんで一世を風靡した2016年の『逃げるは恥だが役に立つ』の最終話が持っている20.8%という数字が最高値だ。

 そして、『逃げ恥』も初回から超高水準だったわけではなく、10.2%という船出ながら、次第に数字を伸ばしていき20.8%という数字につなげている。

 また、今年放送された同枠のドラマとして、佐藤健さん、上白石萌音さんらが出演した『恋はつづくよどこまでも』を例にあげれば、最終話で15.4%という数字を叩き出したものの、初回視聴率は9.9%と【10%】のボーダーラインを割り込んでいた。

 以上のことから、『恋あた』も15%や20%といった素晴らしい数字につながっていく可能性は十分にあると考えられる。