三浦春馬「話題タブー状態」テレビ実情 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「話題タブー状態」テレビ実情と三浦翔平の「思い出」

三浦春馬「話題タブー状態」テレビ実情と三浦翔平の「思い出」
socialfill

 20日の『ノンストップ!』(フジテレビ系)に、俳優の三浦翔平が出演した。

 三浦は番組内で、最近料理にはまっていることや趣味について言及していた。

 その中で、趣味としているサーフィンで「それこそ、三浦春馬君とよく行っていた」と、7月に亡くなった三浦さんとの思い出を語った。三浦さんとのことはまだ話したそうな雰囲気も出ていたが、その後は特に語らず番組は進んだようだが……。

 ネット上には「さらっと春馬君について語ってくれてうれしい」「楽しい思い出ならどんどんしゃべってほしい」「春馬君のこと、友人や共演者たちに自然に語って欲しいです」「翔平さんは、ずっと春馬君のことを大切に想ってくださっていますよね」など、多くの反響がある状況だ。

「生放送じゃなきゃカットされてたのかなあ」

 また「春馬君に触れるのが何となくタブーになってる」「亡くなってから、触れないようにしている」「生放送じゃなきゃカットされてたのかなあ」など、三浦さんの名前を出すことなどをテレビがことさらに避けているのではないか、という指摘も出ている。

「有名芸能人の自殺報道が多く、あまりにも衝撃が強い内容だけに、不自然に故人に触れられていないような印象を受ける部分もあるかもしれません。

一方で、デリケートかつ憶測や問題発言と捉えられる可能性が高まる話題だけに、簡単には扱えないという点もあるでしょう。