佐藤健らも…アジカン後藤「追悼」と三浦春馬さん | Social Fill
カルチャースポーツ社会

佐藤健らも…アジカン後藤「追悼」で三浦春馬さんら想起

佐藤健らも…アジカン後藤「追悼」ツイートに反響のワケ
socialfill

 追悼コメントとは誰の為のものなのか。

 19日、アジアン・カンフー・ジェネレーションのボーカルである後藤正文(43)が、ツイッターを更新した。

「追悼の意を140文字で示さないやつは悼んでいない、なんて思うことの想像力のなさよ」と、発信した後藤。

 著名人の自殺が相次ぐ中、親交が深かったはずの人物が追悼コメント出さないことを批判する一部の人間へ対する苦言とみられる。

 これに対しネット上では、「その通り」「親しい人が急に亡くなったら追悼コメントどころでは無い」「追悼の仕方も人それぞれでいい」「SNSで済ませる事の方が非常識」「亡くなった方も遺族もSNSなんか見ない」と賛同の声が相次いだ。

 当然ながら、追悼コメントを発信しない事を非難している人間も、突然亡くなった方に対する遣り切れない想いが溢れてしまってのことだろうが、コメントを発信しない側が何も思っていない訳ではないだろう。

「言葉にできなこと、あるいは言葉にしないこと。飲み込むのに時間がかかること。ここが世界のすべてじゃあるまい」