松本人志「不倫より感染」ウエンツ瑛士の瀬戸大也断罪へ | Social Fill
カルチャースポーツ社会

松本人志「不倫より感染」ウエンツ瑛士の瀬戸大也断罪への返答

松本人志「不倫は逮捕」ウエンツ瑛士の瀬戸大也断罪への返答
socialfill

「不倫により逮捕」そんな速報が流れる時代が来るのだろうか。

 18日、「ワイドナショー」(フジテレビ)で、女性問題によって競泳の瀬戸大也(26)が、日本水泳連盟から年内の活動停止処分を受けた件を取りあげた。

 これに対し、コメンテーターのお笑いコンビかまいたちの山内健司は、「活動停止処分は違うな」と首を傾げた。

 山内は、「スポンサーとかは無くなるのは仕方ない」とし、「スポーツマンシップに違反しているみたいなのって後から付けた感じで」「これ瀬戸さんじゃなかった場合、(連盟に所属している)いちスイマーの人が不倫した時に、一緒の活動停止になるのかな」とコメント。

「世論が騒いだから一応(処分)しておきましょう感がすごいあって、僕は全く(理解ができない)」と、活動停止処分に疑問を呈し、「(競技者は)結果を出してればいい」と競技とは別物と捉えるべきとした。

 同じくコメンテーターとして出演したウエンツ瑛士も同様に、「完全に皮肉ですけど、人によって違いがないように不倫は犯罪として認めちゃえばいいんじゃないか」「軽犯罪か、法で裁くというものにしないと」と、全く望んでないとしながらも1つの結論として自身の考えを伝えた。

 これに対しネット上では、「法化は行き過ぎ」「不倫報道の方を禁じれば」「そもそも不倫は処分されるような事じゃない」「家庭の問題だと思う」など、昨今の不倫報道の過熱傾向に対して批判的なコメントが並んだ。