三浦春馬「新宿二丁目の仲間」関係 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「新宿二丁目の仲間」関係まで…衝撃の「新潮」記事

三浦春馬「新宿二丁目の仲間」関係まで…衝撃の「新潮」記事
socialfill

 亡くなってからすでに3カ月が経過した、俳優の三浦春馬さん。

 いまだ謎の多いその死に、ファンの悲しみや疑問は癒えない状況ではあるのだが、そんな中で「週刊新潮」(新潮社)が、三浦さんの死に関し残る「疑問」について語っている。

 記事によれば、三浦さんの死去後も所属事務所アミューズが細かな情報を出さないことで、ファンの疑問が拡大。「何か隠しているのではないか」という憶測や陰謀論も浮上しているという。

 こうした情報が出てしまうのもその唐突すぎる死に対するショックの大きさからなのかもしれないが「アミューズがこの件に関しては情報を出さなすぎでは」という指摘が記事でもある。神経質な情報統制が、憶測を助長させているというわけだ。

記事では、三浦さんに関する「陰謀説」も

 記事では、三浦さんに関する「陰謀説」も細かに記している。

「三浦さんの亡くなったとされるクローゼットに、新宿二丁目の知り合いの服があったこと、そして『仲違いによって他殺されたのでは』という憶測を報じています。確かにそのような話は出回っていましたが、信ぴょう性は薄め。