» へずまりゅう「誕生」の裏…YouTubeの構造的問題に苦言も
カルチャースポーツ社会

へずまりゅう「誕生」の裏…YouTubeの構造的問題に苦言も

へずまりゅう「誕生」の裏…YouTubeの構造的問題に苦言も
socialfill

 もうこの男を「ユーチューバー」と報道するべきではないだろう。

へずまりゅう」こと原田将大容疑者(29)と「わたきん」こと吉本航容疑者(31)を威力業務妨害と信用毀損の疑いで大阪府警が逮捕した。

 5月1日、大阪市中央区の衣料品店で、Tシャツを購入後、「これ偽物でしょ」と罵声を浴びせ返品を迫った様子を撮影し、店の業務を妨害した両容疑者。

 警察によると購入されたTシャツは正規品で、店の店長は「商品は全て正規の方法で仕入れている。動画が投稿されて売り上げが下がり憤りを感じる」としている。

 原田容疑者は「迷惑ユーチューバー」としてこれまでも、数々の事件を起こしている。

 特に今年に入ってからの原田容疑者の迷惑行動は過熱しており、同じく5月に愛知県内でもスーパーで代金を支払う前に刺身を食べたとして逮捕、起訴されている。

 他にも焼失した沖縄県・首里城の復興応援メッセージボードに、自身のサインをボードいっぱいに書きなぐるなど復興を願う人たちの気持ちを踏みにじる行為に、首里城側の関係者が警察に相談するなどしていた。

 原田容疑者の迷惑行動は、同業者である他ユーチューバーに対しても行われており、「ヒカキン」「はじめしゃちょー」など多くのユーチューバーが在籍する「UUUM」から所属クリエイターへの迷惑行為をやめるよう刑事告訴も視野にいれた警告を受けていたことを自身のツイッターで報告していた。

 この原田容疑者に対して、ネット上では「他の余罪も調べて」「迷惑行為をして炎上目的の売名が多すぎる」「また謝罪動画で広告収入を得るんだろ」など批判は止まらない。