» 東海大「薬物使用」野球部廃部寸前の裏…学生スポーツでまさか
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • スポーツ
  • 東海大「薬物使用」野球部廃部寸前の裏…学生スポーツでまさか

東海大「薬物使用」野球部廃部寸前の裏…学生スポーツでまさか

東海大「薬物使用」野球部活動休止…学生スポーツでまさか
socialfill

 東海大は17日、硬式野球部で不祥事があり、無期限活動停止を決定したと発表した。

 その内容は「部員の薬物使用」というあまりにも衝撃的なもの。芸能界やプロスポーツ界では時折聞かれる話ではあるが、大学スポーツでそのような不祥事が出るのは、やはり驚きだ。

 数多くのプロ野球選手を輩出してきた名門だけに、その影響は決して小さくない。

「東海大には東海大相模など、野球に力を入れる付属校も多く、今後進学を考える学生などにも大きな影響があると思います。

それにしても学生スポーツでも、とは本当に信じられないことですね。想像以上に違法薬物が蔓延しているということなのでしょう。薬物使用のせいで、多くの部員がプレーできないというのは本当に気の毒ですね。

今はSNSなどでも取引が行われるなど、入手ルートも巧妙化、複雑化しています。他の大学にも連鎖して『芋づる』なんて可能性も決してゼロではないでしょうね」(メディア記者)

 今後、どういった対応や捜査がなされるのか、注目される。
(文/編集部)