» 三浦春馬自死「警察隠ぺい」説…署名集まるも現実的には
カルチャースポーツ社会

三浦春馬自死「警察隠ぺい」説…署名集まるも現実的には

三浦春馬自死「警察隠ぺい」説…署名集まるも現実的には
socialfill

 7月に亡くなった、俳優の三浦春馬さんに関し、一部が騒がしい。

「change.org」という署名サイトに「三浦春馬さんは本当に自死だったのでしょうか?自宅検証および検視前に自殺速報、遺書もなく早々に自死と判断など、不可解な事が多く不安です。警視庁に説明を求めます!」という項目が追加され、大きな反響を呼んでいる。

 10月16日時点ですでに9800人以上の賛同者が署名しており、1万人を超えるのはほぼ確実と言える状況だ。署名をしたファンからは「曖昧なままにしないでほしい」「真実が明らかになるまで……」など、悲痛なコメントが少なからずある状況だ。

 署名のページにも、当日の経緯やアミューズの発表の矛盾を指摘する記述がある。こうした署名に賛同するファンの多くは、警察の捜査よりもアミューズへの不信感が大きいようだ。

矛盾が生じやすく…

「現実的に考えて、警察が事実を捻じ曲げるなんてとんでもない大事件ですし、あり得ない話なのが大前提です。そもそも芸能人とはいえ人の死を一般に細かく伝える必要はなく、故人のプライバシーもあるので、すべて表に出るということはないでしょう。再捜査というのも非現実的では……。

一方で『すべての情報が出ない、ところどころがかいつまんで出る』状況だからこそ、話に矛盾が生じやすくもなるのかもしれません。