» 三浦春馬自死「再調査」署名の数に絶句…アミューズの動きは
カルチャースポーツ社会

三浦春馬自死「再調査」署名の数に絶句…アミューズの動きは

三浦春馬自死「再調査」署名の数に絶句…アミューズの動きは
socialfill

 10月15日に発売された「週刊新潮」(新潮社)は7月に亡くなった三浦春馬さんについて「『三浦春馬』特集 他殺説が流れる元凶は『事務所』」というタイトルの記事を掲載した。

 同誌に登場する大手芸能事務所幹部は「三浦さんと親交があった新宿三丁目の飲食店関係者の衣服が三浦さんのクローゼットに収納されていた。その男が、仲違いが原因で殺害したのではないか」とSNSで他殺説が浮上していることを明かしている。また、三浦さんの所属事務所・アミューズが真相をうやむやにしているのではないかという見方もあり、オンライン署名サイトでは、警察による再調査を求めて9000件を超えるファンからの署名が集まっているという。

 三浦さんの49日が過ぎ、様々なキャンペーンへのオンライン署名収集および届け出を行うサイト「Change.org」では、「三浦春馬さんの不審死の再捜査を東京都公安委員会から警視庁に命じるようお願いします!」というページがファンによって立ち上げられた。設立者は「真実を明らかにして三浦春馬さんの名誉を回復したい」と、強い思いを綴った。

 このページのコメント欄には「この事件は大きな事が隠されてると思います。1人で闘った春馬さんの苦しみを世に出さなければいけないと思います」「日本を代表する素晴らしい俳優さんです。絶対にこのままではすませられません。絶対に春馬さんの再捜査を命じてください!」「あまりに早すぎる火葬には 不自然を感じざるを得ません。皆さんの力で疑惑が解明されること願います」と、アミューズに不信感を抱く声が多数寄せられている。