» 錦戸亮「ウソ生配信」ファン非難轟々…落胆の理由
カルチャースポーツ社会

錦戸亮「ウソ生配信」ファン非難轟々…落胆の理由

錦戸亮「ウソ生配信」ファン非難轟々…落胆の理由
socialfill

 10月7日と8日に武道館での配信ライブを行った元関ジャニ∞の錦戸亮。しかしこのライブ、“生配信”ではなかったことが発覚し、脱退から裏切られ続けているファンからは批判の声が相次いだ。

 錦戸は、公式Twitterに「日本武道館にて2日間行った配信ライブ、無事?なんとか終わりました」と、武道館56年間の歴史上で初めてだという無観客の配信ライブを終え、晴れやかな気持ちを綴った。ネットでも「生配信なんだよ、素敵にもほどがある」「生配信ってスゴイ!」と絶賛する声が上がっていた。

 しかし、10月13日の「女性自身」(光文社)が、「配信時会場はもぬけの殻で、無観客どころか、錦戸本人も不在だった」と、ライブが生配信ではなかったことを報じた。これに対しファンからは、「なんか裏切られた気分」「普通にショックだな……」「生配信にお金を払ったのであってアーカイブにお金を払った訳ではないんだけど」と批判の声が上がっている。

 たしかに、公式HPや錦戸のSNSを見ても、どこにも“生配信”との文字はない。とはいえ、“収録”との文字も見当たらない。チケット販売前に“生配信”か“収録”かはっきりと明記していれば、こんなことにならなかったと思うが……。

 ただでさえ当日は、ライブ配信のスタート時間が大幅に遅れ“返金レベル”と叫ばれていた。そこに出てきた今回の報道に対し、世間はあきれている様子。