松本人志も絶句…神田愛花「ディープフェイク経験談」 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

松本人志も絶句…神田愛花「ディープフェイク経験談」に

松本人志も絶句…神田愛花「ディープフェイク経験談」に
socialfill

 11日「ワイドナショー」(フジテレビ)でAI技術の「ディープフェイク」を利用し、女性タレントの顔とアダルトビデオ動画を合成し、インターネット上で公開したとして著作権法違反で逮捕された事件を報じた。
 
 同番組に出演したフリーアナウンサーの神田愛花も、「アイコラ」によって自身の仕事に影響を及ぼした過去を語った。
 
 神田は、東京の大きな番組のメインを務める女性アナウンサーが夏休みを取る際、代理を各地方局から推薦をうけた女性アナウンサーが務めると語り、自身も地方局に勤務していたNHKの新人時代に勤務地の上司から推薦を受けたという。
 
 しかし実際に番組起用はされず、その理由を確認したところ「水着姿で四つんばいになっている写真がインターネットで探すと1枚だけあるから」とした驚きの理由だったのだ。
 
 神田自身、インターネット上にその写真が存在していることは知っていたようだが、身に覚えのない写真であり、誰かが合成した「アイドルコラージュ」として気に留めてはいなかったそうだ。
 
 しかし、番組起用に至らなかった経緯で「画像が本物かどうかは重要ではなかった」とも語り、「作った側とか利用している側は下半身の興奮のために利用しているかもしれませんけど、人生が変わってきてしまいますし、あまりに似ていると、自分が追い詰められて、自分が世の中にいらないんじゃないかとか思うとこまで行っちゃう人もいると思うんで、ちょっと考えてほしい」と訴えた。
 
 同番組でコメンテーターのバカリズムが「昔から技術ってエロから進化していく」と語ったように革新的な技術と「エロ」は切り離せないのかもしれない。
 
 だからこそ、技術を使う側に最低限のモラルが必要となるのだが、今はまだ技術に対してモラルが追いついていないということだろうか。
(文/神奈川仁)