» 三浦春馬「アミューズ会見を」の声届くか…佐藤健、吉高由里子の対応に謎
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 三浦春馬「アミューズ会見を」の声届くか…佐藤健、吉高由里子の対応に謎

三浦春馬「アミューズ会見を」の声届くか…佐藤健、吉高由里子の対応に謎

三浦春馬「アミューズ会見を」の声届くか…佐藤健、吉高由里子の対応に謎
socialfill

 亡くなってからすでに3カ月近い時間が経過した、俳優の三浦春馬さん。

 すでに死から一定の時間が経過したが、いまだ悲しみの声が癒えることはない。先日には出演ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)が最終回を迎え、世間からも大きな反響があった。今後も当面は三浦さんがらみの注目が消えることはなさそうである。

 その一方、いまだにくすぶっているのが三浦さんの死に関する「疑惑」の憶測だ。

『真実を話してください』

「三浦さんの四十九日、死去当日の経緯などを所属事務所のアミューズは発表しましたが、当日の様子などに疑問が多く、一部ファンの間では『真実を話してください』『このまま終わらせないで』というような意見が出ています。

これはさすがにあり得ませんが『他殺説』まで出るほど過熱していました。『カネ恋』においても、三浦さんを貶めるような演出が散見された、と話題になるなど、収まる気配はありません。

無論、過剰すぎる憶測等は問題視されるべきですが、一部のファンが求めているのは『アミューズの会見』のようです。当日の話や記者からの質問を受け付け、疑問をなくしてほしいというものです。疑惑が拡がる中で文書だけで済ませたことが火に油だったということでしょう。