石原さとみ「本名」やっぱり…独立は元カレの影響? | Social Fill
カルチャースポーツ社会

石原さとみ「本名」やっぱり…結婚&独立は元カレの影響も?

石原さとみ「本名」やっぱり…独立は元カレの影響も?
socialfill

 女優の石原さとみが10月1日に結婚発表を受け、10月8日に発売された「週刊新潮」(新潮社)は、石原が結婚を機に独立の準備をしていると報じた。

 同誌によると、石原は5月8日に「株式会社SK」を設立したとのこと。事務所は「経費を管理するなど、ご家族が石原をサポートするために立ち上げた会社と認識しています」とコメント。さらに同誌に登場する芸能プロ幹部は「Sは“さとみ”、Kは彼女の本名の頭文字」と、会社名の由来について語っている。以前からウワサされた「本名」は本当だったのかもしれない。

 税金対策として個人事務所を立ち上げるのは、第一線で活躍する芸能人ならばよくあること。しかし「なぜこのタイミングで?」と疑問に思う人も少なくないだろう。一部では「元カレに影響を受けたのでは?」という声もあがっている。

 石原の元カレである「SHOWROOM」の前田裕二社長は、「人生の勝算」(NewsPicks Book)や「メモの魔力」(同)など、自身の経営哲学を出版するほどの凄腕経営者だ。

 石原と前田さんが交際していた当時、「女性自身」(光文社)は「会社の成長ぶりがすさまじいため、なかなかプライベートの時間も作れない」と、前田の多忙さについて報じていた。

 破局後も石原は前田さんに未練が残っているというウワサも。これほど前田にぞっこんだった石原なら、“仕事大好き人間”の彼に影響を受け、独立を志していたのではないだろうか。