綾瀬はるか気の毒?「石原さとみと違う」結婚許可に差 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

綾瀬はるか気の毒?「石原さとみと違いすぎ」結婚許可に差の理由

綾瀬はるか気の毒?「石原さとみと違いすぎ」結婚許可に差の理由
socialfill

 10月1日、女優の石原さとみが結婚を発表し、世間を騒がせてから一週間ほどが経過した。

 深田恭子・綾瀬はるかとともに、所属事務所・ホリプロの「3姉妹」として活躍してきた石原。彼女の結婚発表は、深田と綾瀬にとっても衝撃的なニュースだったに違いない。そんな石原の結婚を受けて、「綾瀬の結婚が遠ざかっているのではないか」との見方もある。

 かねてからウワサされていた綾瀬と韓流タレントのノ・ミヌとの交際について、事務所は「2人は友人関係にあるもののここ最近は1年半以上も会っていない」とコメントし、真っ向から否定した。10月8日に発売された「女性セブン」(小学館)に登場する芸能リポーターは「事務所が火消しに躍起になったのは、綾瀬さんが日本を代表する女優で“稼ぎ頭”だから」だと語っている。

生粋の恋愛体質

 現在35歳の綾瀬はるか。綾瀬のミヌとの結婚は許されなかったにもかかわらず、なぜ石原の結婚はすんなりと許されたのだろうか。

「石原さんといえば、生粋の恋愛体質とされています。恋愛をしているときは仕事もノリノリ。恋愛にモチベーションが左右されやすいので、前田さんと破局したときなんかは、業界でも落ち込んでいるとウワサされていたました。破局後も失恋を引きずるタイプとなれば、事務所も石原に結婚して安定してほしいという願いがあったんじゃないでしょうか」(芸能ライター)

 一方綾瀬は、石原とは真逆に、最近は“お1人様生活”を楽しんでいるという。エンタメサイト「modelpress」(ネットネイティブ)のインタビューでは、「早いときは朝4時に起きて、朝日が出るまで掃除や床拭きをして、深呼吸したり、ジャンプしたり。朝が早いので、夜は9時に寝ることもあります」と健康的な自身の生活スタイルについて語っている。一人でも充実した時間を過ごしているようだ。