三浦春馬「出番ほぼなし」カネ恋最終回と「テロップ」 | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 三浦春馬「出番ほぼなし」カネ恋最終回と「テロップ」三浦翔平らの演技も

三浦春馬「出番ほぼなし」カネ恋最終回と「テロップ」三浦翔平らの演技も

三浦春馬「出番ほぼなし」カネ恋最終回…切ないが内容は…
socialfill

 6日に最終回を迎えた『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)。

 松岡茉優とW主演だった三浦春馬さんの急逝により4話短縮での放送となった今作。1~3話でもSNSトレンドの1位を確保するなど大きな注目を集めていた。高い知名度を誇る三浦さんの“遺作”となれば、それも当然か。

 4話も当然ながら大きな注目を集めたのだが、ドラマ序盤ですでに多くの視聴者は「異変」に気づいたようだ。

『あれが最後のシーンなのかな』

「ドラマの序盤で三浦さんが寝ているシーンがあったんですが、それ以降三浦さん演じる猿渡は一切出演せず。代わりに『LOVOT(ラボット)』の“猿彦”が猿渡の代わりとしている、という形でストーリーが進んでいきました。

視聴者も『あれが最後のシーンなのかな』『猿彦が春馬くんなんだね』『やっぱり悲しい』など、改めて残念に思うコメントが多くありました。回想シーンの登場が多く、余計に悲しみが……という声もありました。

友人で共演の三浦翔平さんが猿彦を見ながら、いなくなってしまった猿渡に対して『ほんと…自由な奴だな…』というシーンがありますが、表情などがまさに本当に悲しそうで『亡くなった後の撮影だったのかな』という声もあります。