妻夫木聡『半沢直樹』の波に乗る? | Social Fill
カルチャースポーツ社会

妻夫木聡『半沢直樹』の波に乗る? 新たな姿を…

妻夫木聡『半沢直樹』の波に乗る? 新たな姿を…
socialfill

 俳優の妻夫木聡が、6日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)の巻頭インタビューに登場。自身が持つ“さわやかな好青年”というパブリックイメージが好きじゃなかったと明かした。

 同誌インタビューで「ジャンルに当てはまらず、今の感覚を失わずに役に対して貪欲で、覚悟を持ってずっと挑める俳優でいたい」と自身の展望を語った。

 12月で40歳を迎える妻夫木。20代は2004年放送の『オレンジデイズ』(日本のテレビ系)で青春真っただ中のさわやかな大学生役を演じ、その好青年ぶりに魅了されるファンが続出。

幅広い役に対応できるオールマイティーな役者

 30代には映画『怒り』や『悪人』などで、人間の心の闇を浮き彫りにした繊細な役柄を好演した。世間が持つ“さわやかな好青年”から、幅広い役に対応できるオールマイティーな役者に変貌を遂げている。

 そんな妻夫木は、11日から放送開始の日曜劇場『危険なビーナス』(TBS系)に出演。16年ぶりにTBS系の連続ドラマで主演を務める。今作は、東野圭吾の同名小説が原作のラブサスペンスだ。

 妻夫木演じる動物病院の院長代理として働く獣医のもとに、女優の吉高由里子演じる「謎の女」が現れ、遺産をめぐる人間模様が繰り広げられる。