滝沢秀明「Snow Manゴリ押し」真相 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

滝沢秀明「Snow Manゴリ押し」真相…SixTONESファン反応

滝沢秀明「Snow Manゴリ押し」真相…SixTONESファン反応
socialfill

 5日、Snow Manが出演する映画『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』の本予告が公開され、ファンからは歓喜の声が上がっている。しかし、Snow Manの度重なる活躍に、ジャニーズ事務所副社長・滝沢秀明の“ゴリ押し”を感じる声も……。

 同シリーズの『滝沢歌舞伎』は、故・ジャニー喜多川さんが企画・校正・総合演出を担当し、2006年から人気を誇っている舞台。昨年滝沢が演出を行い、Snow Manが主演を務め『滝沢歌舞伎』をリニューアルした『滝沢歌舞伎ZERO』も大好評であった。今年は舞台を映画化する『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』を12月4日から公開予定である。

 そんな期待が集まる同作の本予告動画に対し、ネット上では「本予告でこの迫力はやばい!」「この予告にSnow Manの魅力が詰まってる!早くみたいよ」と称賛するコメントが多数寄せられていた。しかし、一方で「タッキー、Snow Manゴリ推ししすぎじゃない?」という声もあった。

 滝沢が数々のパフォーマンスを披露した舞台シリーズであり、今回滝沢が始めて映画化に携わる『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』。滝沢の思い入れが深そうな作品にSnow Manを起用することを“ゴリ推し”と思うファンもいるようだ。

 しかし、1月には、「週刊女性」(主婦と生活社)が「Snow Manをえこひいきしている」と業界内から批判的な声が上がっていると報じていた。実際、Snow Manはデビュー直後にタイ・バンコクで行われるイベント「Japan Expo Thailand 2020」に出演し、デビュー1ヶ月で海外公演を行うことは異例だとして騒がれていた。

 また、Snow Manはデビューわずか2ヶ月で冠番組「それSnow Manにやらせてください」(TBS系)を与えられている。