堀江貴文氏「餃子事件に沈黙」サンジャポ出演 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

堀江貴文氏「餃子事件に沈黙」サンジャポ出演も触れず

堀江貴文氏「餃子事件に沈黙」サンジャポ出演も触れず
socialfill

 4日の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に、実業家の堀江貴文氏が登場。現在堀江氏は「餃子店とのトラブル」で厳しい視線を向けられている。

 件の餃子店は、堀江氏とその仲間が来店した際、仲間の1人がマスク未着用だったため口論になり来店を拒否。

 店側はブログで「今回店頭に表示の通り“マスク未着用の方お断り”にゴネて声を荒げた悪質クレーマーの入店を防いだら影響力のある有名人でした」とし、堀江氏はといえば「終始穏やかな口調で、俺マスクしながら丁寧に話してたよ。そして失礼な対応で追い出されたよ。ひどい店だな。害悪でしかない」などと応戦。ネットでは大きな話題を呼んでいた。

 世間からは「これはホリエモンが悪い」「ホリエモンが嫌われるのはこういうとこ」「単にゴネただけでしょ」「飲食店が今どれだけ大変かわかってないよな」「自分の影響力の大きさをわかってほしい」と批判的なコメントが殺到。9月25日には堀江氏がYouTubeで「どの状態までマスクをしてなきゃいけないのか確認させて欲しい、と語っただけ」「店主に『面倒くさい客はいらないから出ていけ!』といわれた」「店内を見たらお客さんはマスクはしていなかった、エントリーでマスクしているか見てるだけ」とした。

 その後餃子店は「今回の一件でイタズラ電話が続き着信音を聞くのも苦痛になった為電話の着信音を切っており注文や予約が受けられない状況と妻が体調不良になってしまい営業が続けられるような状態では無いので妻の体調が落ち着くまでしばらくの間休業します」と、営業を続けられないとブログで告白した。