» コロナ「震源地」観光大人気…中国ではもう過去の出来事?
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • 社会
  • コロナ「震源地」観光大人気…中国ではもう過去の出来事?

コロナ「震源地」観光大人気…中国ではもう過去の出来事?

コロナ「震源地」観光大人気…中国ではもう過去の出来事?
socialfill

 もはや中国ではコロナは完全に過去の出来事なのだろうか。

 中国では1日の国慶節(建国記念日)から8日間の大型連休が始まった。
例年であれば、日本にとっても中国からの訪日観光客によってインバウンド需要が高まる季節だが、当然ながら今年はその特需は見込めない。

 中国では政府が新型コロナウイルスの封じ込めを強調しており、国内旅行の需要回復を促進すべく、中国各地の観光スポットが入場無料にするなど観光客の呼び込みに躍起になっている。

、「新型コロナウイルスに打ち勝った都市」?

 延べ6億人以上の国内移動が予想されている今年の国慶節だが、人気の観光地として名前が上がったのは湖北省武漢。新型コロナウイルス感染が拡大した震源地になってしまった地が人気だと言うのだ。

 これに関しては、先述した観光地での優遇はもちろんのこと、「コロナの感染が広がった武漢は今どうなっているのか」といった興味本位の理由や、「新型コロナウイルスに打ち勝った都市」とした所謂、聖地巡礼ともとれる理由があげられてい。