三浦春馬「いじめていた」テレビ関係者名指しの衝撃 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「いじめていた」テレビ関係者名指しの衝撃…過剰憶測の裏

三浦春馬「いやがらせ」テレビ関係者名指しの衝撃…過剰憶測の裏
socialfill

 7月にこの世を去った俳優の三浦春馬さん。

 三浦さんが死を選んだ理由はいまだわからず、また、今後もわかることはないだろう。自死という極めてプライベートな事柄だけに、本人にしかわからないことが多すぎる。

 最近は芦名星さん、竹内結子さんも自死をしたとされ、人気俳優の悲報が相次いでいる。

「NEWSポストセブン」(小学館)は、こうした俳優の死に関し「コロナ禍で俳優の序列が顕著になっている」「ギャラも半分になり、焦燥感も」という見解もあった。しかし、いずれも売れっ子俳優で、一時的に仕事が減少したからといってそこまで焦るものなのだろうか、と疑問は残る。

「当面の仕事に苦しんでいた」ということはなさそう

 また、少なくとも三浦さんは現在放送中『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)や、年末には舞台も予定されていたことなど、少なくとも「当面の仕事に苦しんでいた」ということはなさそうだ。一部では「過剰労働だったのではないか」という見方も多い。

 そんな状況で『カネ恋』やその前の出演などにおける三浦さんの「激ヤセぶり」は明らかで、何かしら「別の理由」が存在するのでは、といわれている。

「死の直後は親族とのトラブルが指摘されていましたが、絶縁して前向きになった、という情報もありました。