佐藤健「沈黙で正解」三浦春馬さんコメントなし | Social Fill
カルチャースポーツ社会

佐藤健「いまだ沈黙」三浦春馬さんコメントなしの裏

佐藤健「沈黙で正解」三浦春馬さんコメントなしの裏
socialfill

 俳優の三浦春馬さんが亡くなってから、すでに2カ月半ほどが経過した。

 いまだに2ndシングルやエッセイの売れ行きはよく、ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)も放送中で、SNSトレンドでも常に上位に入る。来週で『カネ恋』は最終回だが、すでに収録が終わっている映画公開も控えるなど、今後も話題を振りまきそうである。

 いまだ三浦さんとかかわりのあった人物たちもコメントを出し、大手メディアが記事にもしている。

ペラペラしゃべりすぎ

 その中でも「頻繁に」登場してくるのが、サーフィンの師匠といえる茨城の男性だ。これまでも三浦さんの件でいくつものメディアの取材に応えており、10月1日の「AERAdot.」(朝日新聞出版)で、三浦さんとの関係性や、やり取りした「未公開LINE」の内容などについて語っている。

 が、その内容はサーフィンやプライベートに関するやり取りであり、「なんでプライベートをさらすの?」「この人よく出るけどペラペラしゃべりすぎ」「三浦さんの周りは名前を利用したり、彼にたかる人が多かったのではないか」と疑問と批判の声が多い状況だ。

「知名度もありますし、いろいろな方が近寄ってきていたのではないか、という意見はやはりありますね。今回の人物は良心からかもわかりませんが……。