竹内結子さん「残る謎」 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

竹内結子さん「残る謎」分かろうとする姿勢は…

竹内結子さん「残る謎」分かろうとする姿勢は…
socialfill

 9月27日に突然この世を去った竹内結子さんの家族葬が、9月30日に行われたことを所属事務所のスターダストプロモーションが発表した。

 「9月27日に逝去いたしました弊社所属の竹内結子(享年40歳)につきまして、ご親族と相談のもと、家族葬を執り行わせていただきました事をご報告させて頂きます。竹内結子は弊社にとって、永遠にかけがえのない大切な所属女優であることに変わりありません。これからもその存在に寄り添っていく所存でございます」(事務所HPより一部抜粋)と綴られている。

 報道によると、竹内さんは亡くなるほんの1時間前まで、夫で俳優の中林大樹さん、長男、次男の4人で食卓を囲み、明るい表情を見せていたという。その後、1人で寝室へと向かい、クローゼットで首を吊った状態で見つかったとのこと。現場の状況などから自死と見られている。

「分かろう」とする姿勢

 竹内さんの生い立ちや、デビュー当時の話、生前最後の公の場となったサッポロ一番のCM発表会での様子など、多くの竹内さんに関する報道が毎日行われているが、ご本人が亡くなり遺書なども残されていない以上、何がきっかけとなって自死と見られる最期につながっていったのかを知ることはできないだろう。

 私達が今考えるべきことは、身近にいる大切な人も様々な想いを日々感じながら生きているということではないだろうか。