三浦春馬「死去前日」の不可解 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「死去前日」の不可解…積極的な姿と松岡茉優の反応

三浦春馬「死去前日」の不可解…積極的な姿と松岡茉優の反応
socialfill

 俳優の三浦春馬さんがこの世を去ってから、すでに2カ月以上が経過している。

  三浦さんに関する情報はいまだ数多く出回っており、その死の理由や当時の状況などに関する謎めいた話もファンの間で出ている。

 生前の活躍を考えれば反響が続くのも至極当然といえる。三浦さんの死後、女優の芦名星さん、竹内結子さんも亡くなり、いずれも自死とされると報道され、余計に三浦さんの死を考える人も多かったといえるだろう。

 新型コロナウィルスの蔓延など世界的に稀有な状況も影響しているのか、芸能界でもかつてないほど悲劇が頻発してしまっている。

 ただ、三浦さんに関しては、世間の反応が他の俳優の死とは違うようだ。

『兆候はあったのではないか』

「三浦さんに関しては、現在放送中の『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)での激ヤセぶりなど、他の亡くなった方と比較して『兆候はあったのではないか』『そもそも過剰労働だったのでは』と疑問の声が大きくなっています。アミューズの死去後の報告や当日の経緯に疑問が多くあり、それがそもそもの発端といえますが……。

一方で、三浦さんは死去の前日まで『カネ恋』の撮影に臨み、主演の松岡茉優さんやスタッフと積極的に意見交換をしていたようです。その内容を見るに、やはり異変を察するまではいかなかったのかもしれません。