三浦春馬「カネ恋の反日演出」疑惑 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「カネ恋の反日演出」疑惑…痩せすぎエスカレートに指摘

三浦春馬「カネ恋の反日演出」疑惑…痩せすぎエスカレートに指摘

 7月18日に突然この世を去り、いまだ衝撃の余波が残る俳優の三浦春馬さん。

 三浦さん出演で現在放送中の『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)は3話まで放送が終了。来週の4話で最終回となる。死によって短縮編集版となっている。

 放送のたびに大きな話題となっている同ドラマ。死の前日まで撮影に臨んでいたため、三浦さんの「遺作」として注目を集めているが……。

 放送開始から指摘されているのが、三浦さんの「激ヤセ」だ。確かに頬はこけ、顔色も悪いのはドラマを見れば確認できる部分だ。ファンの間でも「明らかに激ヤセで見ていられない」「やっぱり悲しい」と、視聴するのが辛いファンの声もあるようだ。

過剰ともいえそうな「指摘」

 さらに「3話になってより痩せてる」「痩せこけて痛々しい」など、回が進むごとに痩せている姿が強まっているという見方も強い。この時点で精神的な負担は相当だったのでは、という見方もあるようだ。

 また、一部のファンは悲しみの只中にあるのか、過剰ともいえそうな「指摘」もしている。

「痩せ方から、三浦さんがドラマ関係者から『嫌がらせ』を受けていたのではないか、という憶測も多いですね。ガリガリになっている三浦さんを見て『周囲が異変に気付かなかったなんてありえない』という声もあります。もちろん確証等がない話ですが……。