竹内結子さん「酒と孤独」実情… | Social Fill
カルチャースポーツ社会

竹内結子さん「酒と孤独」実情…三浦春馬さんと同じ情報が

竹内結子さん「酒と孤独」実情…三浦春馬さんと同じ情報が
socialfill

 27日に、突如この世を去った女優の竹内結子さん。

 遺書もなく、あまりにも唐突な死を迎えたことで、困惑と悲しみの声が後を絶たない。

 そんな中「文春オンライン」(文藝春秋)が、竹内さんが抱えた「孤独」に関し「竹内結子40歳 “同志”との離別と深夜の一人飲み」という記事を掲載している。

 内容は竹内さんの仕事場での姿や二人三脚で歩んできた“同志”との離別とのこと。詳細はネットの有料記事、または10月1日発売の本誌をご覧いただきたい。

 長年抱えていたことがあったのか、それとも突然のことだったのか……いずれにせよ、何がしかの「孤独」を抱えていたのではないかといわれている竹内さん。本当のところは本人にしかわからないが、気になってしまうのもやはり人の性か。

 また、すでに竹内さんと「酒」に関しては、複数のメディアで語られているところだ。

「シングルマザーとなってから、子どもを寝かしつけた後にキッチンでお酒を数時間飲んでいた、といわれており、テレビでもそれを語っています。アルコール依存症とはいわないまでも、お酒を飲んで日々のストレスを発散させようとしていたのかもしれません。