華原朋美「危険な兆候」おばさん化では済まない | Social Fill
カルチャースポーツ社会

華原朋美「危険な兆候」おばさん化では済まない悲痛現状

華原朋美「危険な兆候」おばさん化では済まない悲痛現状
socialfill

 自身が雇っていたベビーシッターの虐待疑惑をめぐって、バイオリニストの高嶋ちさ子と騒動を起こした歌手の華原朋美。天真爛漫なキャラクターと「朋ちゃん」の愛称でも親しまれてきた華原だが、9月15日に開設したYouTubeチャンネルで見せた“おばさん化”に、心配の声が止まらない。

 昨年、突然の妊娠を発表し、第一子を出産した華原。波乱万丈な人生を経験し、ようやく子どもとの幸せな時間を過していくのかと思いきや、8月末にベビーシッター騒動や所属事務所プロダクション尾木との契約終了が注目を集めた。9月29日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)は、華原について「事務所との信頼関係はなく、友人も見当たらない」と綴り、孤立状態寸前だと報じている。

 そんな華原がYouTubeに投稿している動画には、うつろな目にろれつの回らない様子の華原の姿が…。友人であった高嶋からも事務所からも見放され、孤立状態寸前のかなり行き詰った精神状態であることが心配されている。

同動画は再生回数100万回

 一方、ネット上には、「華原朋美が見ない間におばさん化してる」「変わりように衝撃で眠れなくなった」と激変した容姿に多くの人が驚きの反応を見せた。なかには「さすがにやばいな……」と尋常じゃない華原の様子に不安がる声や、先日報道されたレジ打ち発言の問題には批判さえ見受けられる。

 自身のYouTubeチャンネルにアップした動画の中には、世間から寄せられるこのような声について華原の思いの丈をぶつけることも。9月21日に投稿された「ヤフコメさんへ」という動画内では「皆さんが思ってるような感じではないんですけどね。(中略)私自身は健康で元気にやってますので」とコメント。

 さらにシングルマザーの華原は動画内で「親には頼りません。(中略)もう十分頼ってきてるので」と子育てについての覚悟を語っている。同動画は再生回数100万回を超え、話題を呼んだ。