三浦春馬「遺作」天からの授かりものな理由 | Social Fill - ページ 2
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「遺作」天からの授かりものな理由…

 他にも、五代の妻・豊子を蓮佛美沙子、五代の両親を生瀬勝久と筒井真理子、坂本龍馬と同じ土佐藩の出身で後に三菱財閥を築く岩崎弥太郎を西川貴教、長州藩出身で日本最初の総理大臣となる伊藤博文を森永悠希、遊女はるを森川葵が演じ、三浦春馬さんのラスト主演映画の脇を固めている。

 三浦春馬さんの遺作映画としては『コンフィデンスマンJP プリンセス編』が、興行収入35億円を突破する大ヒットとなっている。

『天外者』も公開前から大きな注目を集めているだけに、どれだけの数字につながるのか期待がかかるところだろう。
(文/宝競四郎)